美容整形外科で理想の体へ|美BODYのために踏み出す一歩

手術の種類や効果

注射器

たるみ取りの手術いろいろ

目の下のたるみを取る美容整形手術には、脱脂法や切開法、ヒアルロン酸注入などがあります。メスを使わない手術でたるみ取りをしたいなら、ヒアルロン酸注入がおすすめです。ヒアルロン酸を皮膚がたるんでできたくぼみの部分に打つことで、その部分が内側から盛り上がります。そうすることでたるみが目立たなくなります。法令線、目の上のくぼみ、皺の溝などにもヒアルロン酸注入が効きます。確実に目の下のたるみを無くしたい場合は、脱脂法か切開法がおすすめです。どちらも切開を伴う手術ですが、目の下の粘膜の中を切開するので表面に傷がつくことはなく、抜糸も不要です。数日間腫れますが、腫れが引くと目の下のたるみがすっかりなくなります。

たるみの手術費用の相場

たるみ取りの手術の費用は、ヒアルロン酸注入の場合、両目で10万円〜20万円が相場の料金です。高品質で持続性が高いヒアルロン酸を使うほど治療費が高くなります。脱脂法によるたるみ取りの手術は両目で30万円〜40万円、切開法によるたるみ取り手術は、両目で50万円前後が相場となっています。高周波のサーマクールでたるみ取りをする場合は20万円前後、フォトフェイシャルで皮膚を引締める治療をする場合は一回で3万円〜5万円ほどの費用がかかります。サーマクールもフォトフェイシャルも「切らないリフトアップ」と言われており、顔全体のたるみを取って肌に弾力を取り戻すことができます。また、シミやそばかすの改善にも効果があります。