美容整形外科で理想の体へ|美BODYのために踏み出す一歩

鼻治療の歴史と今後

女性の微笑み2

鼻の整形に関するこれまでの歩みを見てみる

顔、あるいは顔にあるそれぞれのパーツに悩みをもつ人もいますが、顔の特徴については、日本人と外国人とでは、国によって、人種によって大きく違いがあります。日本人の場合には、整形を望む顔のパーツとして、『鼻』がいつの時代にも上位にランクインしている事が多い様です。 鼻に関する整形のこれまでの歩みとしては、医療として実施されていた事から始まっている時代からすると、かなり古い歴史があります。紀元前5世紀頃のインドで実施されていたといわれています。国の社会情勢によっても違いがありますが、当時は、罪人への処罰の方法として、からだの一部を削ぎ落とすなどがあったとされていますので、その後の治療として実施されていた背景があります。日本においても、形成外科などの分野から始まっていますが、戦後暫く経過してからは、美容整形が独立した部門となり、隆鼻術などが実施されるに至っています。

治療の将来的展望を行う

日本人と西洋人の顔の違いにおける特徴としては、鼻部分などが挙げられます。鼻については、日本人にとっては、西洋人と比較すると多少低い事が一般的で、顔全体の骨格からしても、その様な仕組みになっています。しかし、中には鼻の形であったり、高さに不満をもっている人も存在します。鏡を見るたびに自分の鼻に悩みを抱いている事もありますので、美容クリニックでの整形を利用して、自分の理想に近づける様にしていく人は今後も増える事が予想されます。 鼻に関する整形の方法としては、希望者も多くなっているため、その選択肢も増える事となっています。整形方法としては、プロテーゼなどを挿入する方法以外にも、注射で一時的な変化を実現する事も可能になっており、今後は手軽・安全、尚且つ持続性についてもニーズが高まると考えられます。